2010年02月15日

松坂世代(1980年生)

定義は1980年4月2日〜1981年4月1日に生まれた同学年の世代。

言わずと知れた松坂大輔を代表とする“松坂世代”。
特に投手だけなら恐らく日本野球史上最高の世代。
高校時代から図抜けていた選手もたくさん、大学から頭角を現した選手もたくさん。
根こそぎドラフト上位入団選手にて、球団の主力として活躍するタレント世代。




【主なNPB入団選手】
赤田将吾
 (日南学園高−西武−オリックス−日本ハム)
新垣渚
 (沖縄水産高−九州共立大−ダイエー・ソフトバンク−ヤクルト)
石堂克利
 (愛工大名電高−ヤクルト)
稲嶺誉
 (沖縄水産高−東京農業大−ダイエー・ソフトバンク)
江草仁貴
 (盈進高−専修大−阪神−西武−広島)
大西宏明
 (PL学園高−近畿大−近鉄・オリックス−横浜)
小椋真介
 (福岡工大付高−ダイエー・ソフトバンク)
長田秀一郎
 (鎌倉学園高−慶應義塾大−西武−横浜)
小野寺力
 (鴻巣高−常磐大−西武−ヤクルト)
加藤大輔
 (九州国際大学付高−神奈川大−オリックス−楽天)
川井雄太/雄太
 (上田西高−大東文化大−日本通運−中日)
木佐貫洋
 (川内高−亜細亜大−巨人−オリックス−日本ハム)
久保康友
 (関西第一高−松下電器−千葉ロッテ−阪神−横浜)
久保裕也
 (沖学園高−東海大−巨人−横浜)
久保田智之
 (滑川高−常磐大−阪神)
小池正晃
 (横浜高−横浜−中日−横浜)
後藤武敏/後藤武敏G./後藤G武敏
 (横浜高−法政大−西武−横浜)
小谷野栄一
 (創価高−創価大−日本ハム−オリックス)
小山良男
 (横浜高−亜細亜大−JR東日本−中日)
實松一成
 (佐賀学園高−日本ハム−巨人)
杉内俊哉
 (鹿児島実業高−三菱重工長崎−ダイエー・ソフトバンク−巨人)
杉山直久
 (東舞鶴高−龍谷大−阪神−※独立L富山)
梵英心
 (三次高−駒澤大−日産自動車−広島)
多田野数人
 (八千代松陰高−立教大−インディアンス−日本ハム−※独立L石川)
館山昌平
 (日大藤沢高−日本大−ヤクルト)
寺本四郎
 (明徳義塾高−千葉ロッテ)
土居龍太郎
 (高知高−法政大−横浜−千葉ロッテ)
東出輝裕
 (敦賀気比高−広島)
永川勝浩
 (新庄高−亜細亜大−広島)
平石洋介
 (PL学園高−同志社大−トヨタ自動車−楽天)
藤川球児
 (高知商−阪神−カブス−レンジャーズ−※独立L高知−阪神)
古木克明
 (豊田大谷高−横浜−オリックス)
松坂大輔
 (横浜高−西武−レッドソックス−メッツ−ソフトバンク)
村田修一
 (東福岡高−日本大−横浜−巨人)
森本稀哲
 (帝京高−日本ハム−横浜−西武)
矢野謙次
 (國學院久我山高−國學院大−巨人−日本ハム)
吉本亮/吉本龍生
 (九州学院高−ダイエー・ソフトバンク−ヤクルト)
和田毅
 (浜田高−早稲田大−ダイエー・ソフトバンク−オリオールズ−カブス−ソフトバンク)
渡辺直人
 (牛久高−城西大−三菱ふそう川崎−楽天−横浜−西武)


【その他主な選手】
上重聡
 (PL学園高−立教大)
古岡基紀
 (京都成章高−中央大−ヤマハ)
田中大貴
 (小野高−慶應大)





更新履歴
2016/11/3
・多田野数人の経歴を更新
2016/4/9
・松坂大輔、藤川球児、和田毅、久保裕也の経歴を更新
2015/2/13
・小谷野栄一の経歴を更新

posted by maddog31 at 15:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 1980年生/松坂世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村